荒木義隆・荒木漢一 灰緑釉七寸玉縁深皿
荒木義隆・荒木漢一 灰緑釉七寸玉縁深皿
食卓を華やかに、そして使いやすさも兼ねた器 和にとどまらず、洋や中にも合う器 多くの料亭から家庭の器としても愛用の多い荒木義隆・漢一の器たち。 平皿は、シェアやワンプレート両方に使える一皿になります。 ほどよく入ったゴールドがポイントになり、料理を引き立ててくれるポイントに。 丁度良いサイズが幅広い料理に使えます。 サイズ 約27×10 灰緑釉デザイン ざらっとしています 荒木義隆/Yoshitaka Araki (Japan,Kyoto 1942 - ) 昭和17年京都生まれ 昭和38年京都五条坂 河島浩三氏に師事 昭和41年京都山科にて独立 昭和43年炭山工芸村設立に参加 工房を宇治市炭山に移転  昭和54年新宿京王百貨店にて初個展 昭和17年京都生まれ 昭和38年京都五条坂 河島浩三氏に師事 昭和41年京都山科にて独立 昭和43年炭山工芸村設立に参加 工房を宇治市炭山に移転 昭和54年新宿京王百貨店にて初個展 毎年 東京、神戸、広島等にて個展を開催 昭和55年招請を受け技術指導のため中国各地へ 昭和63年招請を受け技術指導のためベトナムへ 平成 2年招請を受けラオスへ ビエンチャンにて作陶 以降毎年歴訪 平成 2年作品集「うつわあそび」発行 平成 4年ベトナム、ラオス行 5年の区切りとしてハノイ・ビエンチャン・京都展 玉川高島屋 平成4年能登門前町に穴窯 門前小僧窯を築窯 平成4年ハノイにて現代の安南陶器展 平成7年ハノイにて第二回現代の安南陶器展。 荒木 漢一  1977年京都府 宇治市生まれ 1999年京都府立陶工高等技術専門校卒業 岐阜県 瑞浪市「夕立窯」にて修行 2002年父荒木義隆の工房 宇治市炭山「笠取士半窯」にて創作をはじめる 2004年信楽にて初個展 2005年信楽にて第二回個展 「ご注意」をお読みください *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *釉薬の層にヒビの様に見えることがありますが、不良品ではございません。
¥ 3,240