2019・10・7~15日まで送料無料

アクセサリー

ODAMAKI 一粒 ネックレス BLU
ODAMAKI 一粒 ネックレス BLU
ODAMAKI 一粒ネックレス ブルー×ゴールド 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアスです。 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)・金糸部分のみポリエステル チェーン金具/14kgf サイズ チェーン長さ40cm 小田巻玉 上1つ/8mm 箱に入れての発送となります。 *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、KO_TO designが現代のスタイルにあったアイテムとして昇苑くみひもへ別注をしたオリジナルアクセサリーになります。 ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 4,200
ODAMAKI 一粒 ピアス RED
ODAMAKI 一粒 ピアス RED
ODAMAKI 一粒ピアス レッド×ゴールド 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアスです。 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)・金糸部分のみポリエステル ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約3cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、KO_TO designが現代のスタイルにあったアイテムとして昇苑くみひもへ別注をしたオリジナルアクセサリーになります。 ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 3,800
ODAMAKI  一粒 ピアス BLU
ODAMAKI 一粒 ピアス BLU
ODAMAKI 一粒ピアス ブルー×ゴールド 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアスです。 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)・金糸部分のみポリエステル ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約3cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、KO_TO designが現代のスタイルにあったアイテムとして昇苑くみひもへ別注をしたオリジナルアクセサリーになります。 ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 3,800
5style巾着バッグ TURQUOISE
5style巾着バッグ TURQUOISE
2種類の紐で、5通りの持ち方が出来る巾着 紐の長さ調節をして頂き、手持ち巾着、ショルダーとして楽しんでいただけます。 巾着部分のカラー紐には、京都の昇苑くみ紐の紐を贅沢に使用 巾着部分の紐が長めになっているので、ショルダーに、短くして頂ければ手持ちに。 巾着の中に調整可能な紐もついていますので、ショルダー・手持ち・斜めがけも可能になります。 (こちらの紐は色黒の紐になります) *紐詳細の写真はパープルになります サイズ 巾着/約H25×W29、マチ約13 巾着部分組紐/112cm 中紐/66~126cm(調整可能) 生地はしっかりとした11号のヴィンテージ加工の頒布 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 6,200
5style巾着バッグ NVY
5style巾着バッグ NVY
2種類の紐で、5通りの持ち方が出来る巾着 紐の長さ調節をして頂き、手持ち巾着、ショルダーとして楽しんでいただけます。 巾着部分のカラー紐には、京都の昇苑くみ紐の紐を贅沢に使用 巾着部分の紐が長めになっているので、ショルダーに、短くして頂ければ手持ちに。 巾着の中に調整可能な紐もついていますので、ショルダー・手持ち・斜めがけも可能になります。 (こちらの紐は色黒の紐になります) *紐詳細の写真はパープルになります サイズ 巾着/約H25×W29、マチ約13 巾着部分組紐/112cm 中紐/66~126cm(調整可能) 生地はしっかりとした11号のヴィンテージ加工の頒布 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 6,200 SOLD OUT
5style巾着バッグ  GRY PURPLE
5style巾着バッグ GRY PURPLE
2種類の紐で、5通りの持ち方が出来る巾着 紐の長さ調節をして頂き、手持ち巾着、ショルダーとして楽しんでいただけます。 巾着部分のカラー紐には、京都の昇苑くみ紐の紐を贅沢に使用 巾着部分の紐が長めになっているので、ショルダーに、短くして頂ければ手持ちに。 巾着の中に調整可能な紐もついていますので、ショルダー・手持ち・斜めがけも可能になります。 (こちらの紐は色黒の紐になります) *紐詳細の写真はパープルになります サイズ 巾着/約H25×W29、マチ約13 巾着部分組紐/112cm 中紐/66~126cm(調整可能) 生地はしっかりとした11号のヴィンテージ加工の頒布 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 6,200
5style巾着バッグ KAHKI
5style巾着バッグ KAHKI
2種類の紐で、5通りの持ち方が出来る巾着 紐の長さ調節をして頂き、手持ち巾着、ショルダーとして楽しんでいただけます。 巾着部分のカラー紐には、京都の昇苑くみ紐の紐を贅沢に使用 巾着部分の紐が長めになっているので、ショルダーに、短くして頂ければ手持ちに。 巾着の中に調整可能な紐もついていますので、ショルダー・手持ち・斜めがけも可能になります。 (こちらの紐は色黒の紐になります) *紐詳細の写真はパープルになります サイズ 巾着/約H25×W29、マチ約13 巾着部分組紐/112cm 中紐/66~126cm(調整可能) 生地はしっかりとした11号のヴィンテージ加工の頒布 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 6,200
5style巾着バッグ BK
5style巾着バッグ BK
2種類の紐で、5通りの持ち方が出来る巾着 紐の長さ調節をして頂き、手持ち巾着、ショルダーとして楽しんでいただけます。 巾着部分のカラー紐には、京都の昇苑くみ紐の紐を贅沢に使用 巾着部分の紐が長めになっているので、ショルダーに、短くして頂ければ手持ちに。 巾着の中に調整可能な紐もついていますので、ショルダー・手持ち・斜めがけも可能になります。 (こちらの紐は色黒の紐になります) *紐詳細の写真はパープルになります サイズ 巾着/約H25×W29、マチ約13 巾着部分組紐/112cm 中紐/66~126cm(調整可能) 生地はしっかりとした11号のヴィンテージ加工の頒布 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 6,200 SOLD OUT
5style巾着バッグ RED
5style巾着バッグ RED
2種類の紐で、5通りの持ち方が出来る巾着 紐の長さ調節をして頂き、手持ち巾着、ショルダーとして楽しんでいただけます。 巾着部分のカラー紐には、京都の昇苑くみ紐の紐を贅沢に使用 巾着部分の紐が長めになっているので、ショルダーに、短くして頂ければ手持ちに。 巾着の中に調整可能な紐もついていますので、ショルダー・手持ち・斜めがけも可能になります。 (こちらの紐は色黒の紐になります) *紐詳細の写真はパープルになります サイズ 巾着/約H25×W29、マチ約13 巾着部分組紐/112cm 中紐/66~126cm(調整可能) 生地はしっかりとした11号のヴィンテージ加工の頒布 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 6,200
5style巾着バッグ YEL
5style巾着バッグ YEL
2種類の紐で、5通りの持ち方が出来る巾着 紐の長さ調節をして頂き、手持ち巾着、ショルダーとして楽しんでいただけます。 巾着部分のカラー紐には、京都の昇苑くみ紐の紐を贅沢に使用 巾着部分の紐が長めになっているので、ショルダーに、短くして頂ければ手持ちに。 巾着の中に調整可能な紐もついていますので、ショルダー・手持ち・斜めがけも可能になります。 (こちらの紐は色黒の紐になります) *紐詳細の写真はパープルになります サイズ 巾着/約H25×W29、マチ約13 巾着部分組紐/112cm 中紐/66~126cm(調整可能) 生地はしっかりとした11号のヴィンテージ加工の頒布 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 6,200
5style巾着 PRL
5style巾着 PRL
2種類の紐で、5通りの持ち方が出来る巾着 紐の長さ調節をして頂き、手持ち巾着、ショルダーとして楽しんでいただけます。 巾着部分のカラー紐には、京都の昇苑くみ紐の紐を贅沢に使用 巾着部分の紐が長めになっているので、ショルダーに、短くして頂ければ手持ちに。 巾着の中に調整可能な紐もついていますので、ショルダー・手持ち・斜めがけも可能になります。 (こちらの紐は色黒の紐になります) サイズ 巾着/約H25×W29、マチ約13 巾着部分組紐/112cm 中紐/66~126cm(調整可能) 生地はしっかりとした11号のヴィンテージ加工の頒布 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 6,200 SOLD OUT
HIRAHIMOポーチ S
HIRAHIMOポーチ S
【HIRAHIMOポーチ】 こちらは小さいサイズになります。 岡山デニムと裏地には和柄生地を取り入れ 「京都 昇苑くみひも」の平紐を使用。 平紐をオリジナルにフリンジにしていただきました。 平紐には、カラーの中に白糸が織り込まれているのでフリンジ箇所に2色が出ます。 マチはないデザイン。 バッグに サイズ:15.5×11 岡山デニム使用 銀箔/シルバーの箔のモダンなデザイン 箔格子/カラーの中に金・銀の糸が使われているデザイン ぷっくり桜/プリント部分のみぷっくりとしたフロッキープリントが用いられたデザイン ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 2,200
HIRAHIMOポーチ L 御朱印帳ポーチ
HIRAHIMOポーチ L 御朱印帳ポーチ
【HIRAHIMOポーチ】 こちらは大きいサイズになります。 岡山デニムと裏地には和柄生地を取り入れ 「京都 昇苑くみひも」の平紐を使用。 平紐をオリジナルにフリンジにしていただきました。 平紐には、カラーの中に白糸が織り込まれているのでフリンジ箇所に2色が出ます。 マチはないデザイン。 収納力はありますが、御朱印帳としても使えます。 サイズ:23×15 岡山デニム使用 銀箔/シルバーの箔のモダンなデザイン 箔格子/カラーの中に金・銀の糸が使われているデザイン ぷっくり桜/プリント部分のみぷっくりとしたフロッキープリントが用いられたデザイン ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。
¥ 2,700 SOLD OUT
フリンジピアス #11
フリンジピアス #11
シルクのフリンジと小田巻を使用したピアス 長めに作られたフリンジが揺れてポイントになります。 11cmでぎりぎり肩に着かないくらいのデザイン。 *こちらは11cmの商品です。同デザインで長さ12cmもございます。 パック入りなので、そのままギフトにも。 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻とシルクタッセルを使用したピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ、ピアスフック入れて全長12cm(フリンジのみ9cm) *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 2,800
タッセルピアス #12
タッセルピアス #12
シルクのフリンジと小田巻きを使用したピアス 長めに作られたフリンジが揺れてポイントになります。 12cmでぎりぎり肩に着くデザイン。 *こちらは11cmの商品です。同デザインで長さ12cmもございます。 パック入りなので、そのままギフトにも。 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻とシルクタッセルを使用したピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf サイズ、ピアスフック入れて全長12cm(フリンジのみ9cm) *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 2,800
ODAMAKIピアス5連 ローズ ロング
ODAMAKIピアス5連 ローズ ロング
ODAMAKIピアス5連 ベリーピンク 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使し、 現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約9.5cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/6mm ・下3つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 4,600 SOLD OUT
ODAMAKIピアス5連 Oホワイト ロング
ODAMAKIピアス5連 Oホワイト ロング
ODAMAKIピアス5玉 オフホワイト 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約9.5cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/6mm ・下3つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 4,600
ODAMAKIピアス5連 シルバー ロング
ODAMAKIピアス5連 シルバー ロング
ODAMAKIピアス5玉 ライトグレー 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/ポリエステル(シルバー糸のみポリエステル素材)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約9.5cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/6mm ・下3つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 4,600
ODAMAKIピアス5連 ピンクパープル ロング
ODAMAKIピアス5連 ピンクパープル ロング
ODAMAKIピアス5玉 ライトグレー 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約9.5cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/6mm ・下3つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 4,600 SOLD OUT
ODAMAKIピアス5連 ピンク ロング
ODAMAKIピアス5連 ピンク ロング
ODAMAKIピアス5玉 ライトグレー 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約9.5cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/6mm ・下3つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 4,600
ODAMAKI5連ピアス グレー ロング
ODAMAKI5連ピアス グレー ロング
ODAMAKIピアス5玉 グレー 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約9.5cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/6mm ・下3つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 4,600
ODAMAKIピアス5連 ブラック ロング
ODAMAKIピアス5連 ブラック ロング
ODAMAKIピアス5玉 ブラック 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約9.5cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/6mm ・下3つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 4,600 SOLD OUT
ODAMAKIピアス5連 ネイビー ロング
ODAMAKIピアス5連 ネイビー ロング
ODAMAKIピアス5玉 ライトグレー 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約9.5cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/6mm ・下3つ/8mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 4,600
ODAMAKI4連ピアス ピンクベージュ ロング
ODAMAKI4連ピアス ピンクベージュ ロング
ODAMAKIピアス4玉 ピンクベージュ 一つ一つ丁寧に手で巻かれている京都宇治の昇苑くみ紐の小田巻を贅沢に使用し、現代のスタイルに合うアクセサリーとしてデザインされたピアス 小田巻(おだまき)は苧環とも表記され、つむいだ糸で中を空洞にして丸く巻き付けたもの くるくると廻るので「繰り返す」という枕詞にもなっています。 この苧環が元で名付けられた「オダマキ」という花の花言葉は 「必ず手に入れる」「断固として勝つ」などがります。 素材 組紐/正絹(絹100%)  ピアス金具/14kgf (小田巻止めの金具のみメッキ使用) サイズ 長さ、約8cm(ピアスフック入れて) 小田巻玉 上1つ/7mm ・下3つ/9mm *写真では明るくや暗くなど写っていることがあります。 *着用画像のカラーは参考になります。 *一点一点手作りの為、大きさ・形・色が一つずつ多少異なることをご了承ください *肌に触れる金具は14金ゴールドフィールドを使用しています。 ■昇苑くみ紐 1948年、京都の京都・宇治にて創業の「昇苑くみ紐」を使用 組紐とは組むという構造で作られた紐のことであり、3つ以上の束を組み合わせることで構成されている。 着物の帯締めとしての需要が多かった組紐を、現代のスタイルにあったアイテムとして展開 和装飾ではなく、今のスタイルに合わせられるアクセサリー ・商品は一つ一つ手作りされている商品になります。 1点ものを除くすべての作品は写真と大きさ・風合いが若干異なります。 ・撮影環境、光線等の関係で、実物の色と多少異なる場合もございますので、予めご了承下さい。 ・商品画像に写っている小物・背景の商品は撮影用のため付属しません。 【14GF(ゴールドフィルド)】 ゴールドフィルド(gf)とは、総重量の1/20以上が金合金の素材で、金張りとも呼ばれています。
¥ 3,900